シングルマザーは毎日が不安だらけ!それでも笑顔で生きていく方法!

シングルマザーになると、ひとりですべて抱えて生きていかないといけないので、不安や心配ごとは常に付きまとっていますよね。

子どものこと。
お金のこと。
仕事のこと。
家のこと。
生活のこと。

あげだしたらキリがありません。

無事離婚もできてやっと落ちついた!と思ったら、ここから現実的に生活が始まります。

ひとりだからこそ抱える不安や心配ごと。

今回はシングルマザーの不安や心配事の解消して、いつも笑顔で強く生きるための方法をご紹介します。

シングルマザーはどんなことに不安を感じる?

シングルマザーになると、家庭の中で大人はあなたひとり。

仕事をしてお金を稼いで、生活費をやりくりをしながら子どもを育てて家のことも全部ひとりでこなさなければいけない・・・

何をどうやって進むのか、方向性をすべてひとりで決めて、何か問題が起きたらひとりで考えてひとりで解決しなくてはいけません。

プレッシャーに押しつぶされそうになりますよね。

シングルマザーは、不安が強くて当たり前なんです。

ひとりで子どもを育てる不安!

ただでさえ子どもを育てるのは大変で不安がいっぱいなのに、それをひとりですべてやるんですから、相当に不安を感じますよね。

夫がいれば夫に相談して、一緒に悩み、ときに励ましあいながら協力しあって子どもの問題に取り組みます。

トラブルに巻き込まれたときなんかには、学校や相手の保護者に対して夫が強くいってくれることもありますが、シングルマザーはすべてひとりで対応し、すべてひとりで解決に導かなくてはいけません。

あなた自身が病気になってしまったら、それこそ大変です!

シングルマザーは自分が病気になっても、どんなに精神的に辛くても、子どもに食事を作って食べさせないといけませんよね。

どうしても辛いなら子どものお風呂だって1日くらい入らなくてもいいですが、食事だけは作らないわけにはいきません。

保育園の送り迎えが辛いからと休ませたら、ママ自身がゆっくり休むこともできず大変です。

仮に夫が育児や家事を一切手伝ってくれないにしても、大人の男性が同じ家の中にいるのといないのでは大違いです。

自分が病気になったら、万が一のことがあったら・・・!

そう考えると不安とプレッシャーで押しつぶされそうになります。

相談できる場所がない!

シングルマザーならではの悩みは、なんだかんだ文句をいいながらも夫と暮らしている女性にはわかりません。

同じ子どもの悩みでも、協力してくれる夫がいる人とは悩みの性質が異なるので、なかなか自分の思いが伝わらなかったり、少しピントがズレた答えが返ってきて、余計に悩むことも・・・

自分自身の孤独やさみしさ、不安は同じような経験をした人でないとわかってもらえません。

ヘタに相談すると、「そういうこと全部わかったうえで離婚したんでしょ?」なんて、心ない言葉を言われて傷つくことも・・・

また、一番理解してくれそうな親から「お前が悪い」「お前の我慢が足りない」と責められてしまっては、誰を頼ればいいのかわからなくなりますよね。

まずはあなたの気持ちを受け入れて、理解してもらえる相談場所を見つけることが大切です。

周りに理解してもらえるような人がいないなら、自治体や支援団体の相談窓口を利用してみてください。

案外知らない人に相談する方が話しやすい場合もあります。

自治体や市町村役場などで問い合わせをしてみてくださいね。

またシングルマザーの支援団体「ママが元気になれば子どももしあわせ!」というスローガンで、ママを勇気づけ、社会での活躍を支援してくれる団体「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」もおすすめです。

関東を中心に全国にメルマガ会員が2,000人以上がいて、会員同士の交流や地域ごとのイベントなどが開催されています。

電話相談やメール相談だけではなく、グループ相談会などが各地で開催され、先輩シングルマザーの経験を聞いたり直接悩みを相談することもできるんです。

名前を名乗る必要もないので、安心してお話することができますよ。

就業支援なども行っていて、より安定した職業に就けるようにプロのキャリアカウンセリングがあなたのキャリアについて考えるプログラムもあるようです。

しんぐるまざあず・ふぉーらむはコチラから

お金・仕事の不安!

これまで専業主婦だった人や、時短のパートでしか働いたことがなかった女性が、離婚した途端、一家の主となってこれからはあなたひとりで子どもを養っていかなくてはいけません。

不安とプレッシャーでいっぱいになりますよね。

シングルマザーのお金の不安を解消するためには、あなたが安定した仕事に就くことが第一ですが、子どもが小さいと働く条件に制限ができてしまってなかなか思うように働けません。

残業や休日出勤、出張などができないため、正社員での雇用も難しいです。

そうなってくるとお金の不安はいつも付きまとってきます。

それでも笑顔で生きていく!

シングルマザーは何かと不安が多く、これまでの辛かった経験が突然ワッと思い出されて、出口のない真っ暗闇の中に閉じ込められたような不安感とプレッシャーで押しつぶされそうになるときがあります。

私自身も大声で叫びだしたくなったことも、一度や二度ではありません。

だけど離婚を決めたのは自分自身。

これからは強く笑顔で生きていく必要があります。

シングルマザーが笑顔で生きていくためのコツをご紹介します。

誰でもいいから話を聞いてもらう

誰でもいいからなんでもいいから、とにかく話を聞いてもらうようにしましょう。

シングルマザーは孤独で、時間的にも経済的にもなかなか友達を遊びに行くことも難しい人も多く、大人と話しをする機会が圧倒的に少ないです。

だけど多くの女性は話すことでストレスが和らぐ生き物。

自分の不安な気持ちや恐怖心はもちろんですが、なんでもない他愛もない話を少しするだけでもかなり気持ちが明るくなれます。

子どもの話じゃない、あなたの好きなことや興味のある話、あなた自身の話をすることで、母親から離れて一人の女性として話せたら、気持ちがスッキリできますよ。

電話でもいいし、最近はオンラインで顔を見ながら話しができるので、子どもが寝てからオンライン飲み会をやってみてもいいかもしれませんね!

悩みや不安な気持ち、自分の思いを吐き出すだけで、例え問題が解決されなくても心がスッキリすることも。

友達や家族でももちろんいいですし、先ほどご紹介した相談窓口を利用してみてもいいと思いますよ!

副業で収入面の不安を解消する

お金の不安はみなさんあると思います。

シングルマザーの一番の大きな不安って、結局お金に関することが多いのではないでしょうか。

私は別居したとき子どもも小さかったので、在宅で仕事をすることを考えていました。

在宅なら子どもが急なお熱で休んでも仕事ができるし、参観日などもできる限り参加してあげられます。

外で正社員で働いていてもパートで働いていても、子どもが寝た後や休みの日などに自分の時間をけずれば仕事を続けることができます。

私は外で働くことはせず結局完全在宅でやっていますが、在宅で良かったと思うことは多々あります。

保育園には落ちてしまいましたが、幼稚園の預かり保育でもなんとか生活ができているのは、仕事が在宅だからです。

私のように完全在宅の仕事1本にする必要はありませんが、今の仕事だけでは少し収入面に不安があるなら、副業という形ではじめて見てもいいかもしれません。

最初のうちは期待しているほどの収入にはならないかもしれませんが、続けるうちに大きな収入の柱になってくれるはずです。

私が初期の頃に実践していたクラウドソーシングでの収入の得方のコツは、また詳しい記事の方でチェックしてみてくださいね!

合わせて読みたい


まとめ

シングルマザーになって不安でいっぱいだと悩んでいる人は多いかもしれません。

しかしそれはあなただけではありません。

私も同じように不安ですし、今もその不安が完全に消えたわけではありません。

もしかしたらシングルマザーだけではなく、子どもを持つ親はみんなそれぞれ悩みや不安を抱えているのだと思います。

それをどうやって乗り越えていくかは、とにかく自分の悩みや心のモヤモヤを吐き出して、そしてひとつずつ不安の原因をつぶしていくしかありません。

ムリはしないで、一緒に乗り越えていきましょうね!

どうしても辛くなったときは、このブログの問い合わせフォームの方で思いを吐き出してくださいね!